経理事務が楽になる|待機児童問題を打破|保育園の経営を考える
男性

待機児童問題を打破|保育園の経営を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

経理事務が楽になる

カード

出張や物品の購入など、仕事上の様々なシーンにおいて支払いが必要になってくることがあります。領収書をきることで、社員が一時的に立て替えて後から経理に提出する、この様な場面も多々見かけますが、効率が悪く時に仕事に支障をきたしてしまうことがあります。社員や会社の規模にもよりますが、法人専用カードを作りクレジットカード決済で対応するように切り替えてみましょう。

クレジットカード決済を行なうには、まず法人専用のカードの申請を行なう必要があります。審査基準はカード会社によって異なるのですが、一般的な目安としては会社設立から3年をめどに審査されます。また、経営状態もチェックされることになるので、黒字決算が2期連続でなければならないといった項目も追加されます。さらに、法人カードの審査を通すためには固定電話の設置も有効だと言われています。

黒字決算が連続であることは、法人カードの発行と深い関わりがある項目です。何故なら、クレジットカード決済の額が増えると、カード会社が立て替えている額もおのずと増えていきます。よって、クレジットカード決済後に、確実に引き落としができる売り上げが、会社の口座に一定額入っているのか、安定して入ってくるのか、この点が審査結果を左右しています。これと合わせて、設立年数も審査を左右するポイントになってきます。安定した経営状態であれば、未回収が発生するリスクも回避できるとカード会社側は判断します。よって、法人専用カードを作りたい時は、経営状態の安定さや業績の良さをアピールすると、審査に通りやすいと考えられます。