ウーマン

待機児童問題を打破|保育園の経営を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアという利点と人口数

スーツの女性

国内では働き手があるにも関わらず、人件費が年々増加して経営を圧迫しています。業績を伸ばしたいと考えている企業は、インドネシアでの会社設立を検討してみることをおすすめします。

もっと詳しく

経理事務が楽になる

カード

一定人数の従業員の雇用登録がある企業であれば、法人専用カードを作ることができます。経費の使用や経理処理が各段に楽になり、少額の買い物でもクレジットカード決済で対応できます。

もっと詳しく

資金調達の相談

スーツの男性たち

自分で会社を設立してみたい、独立してオーナーになりたい、このように考えているビジネスマンも多いでしょう。そのような方は大阪の専門会社に相談して、開業支援を依頼してみましょう。

もっと詳しく

ニーズとリスク分散

保育士

現代社会では、女性の社会進出もすすみ共働き世帯が当たり前になっています。共働き世帯の平均収入は年々増加して、生活水準が上がる一方で保育園の確保が難しくなっています。国が定めている認可保育園は、地域ごとに数の差があり一部では、沢山の待機児童が入園待ちの状態となっています。その間、親は働きに出たくても子供の世話があり、なくなく家に留まることになり、家計にまで影響を及ぼすことがあります。そんな中、国も様々な支援策を講じて待機児童問題の解消に乗り出しています。待機児童がいるということは、そこに保育園の利用を求めている人が大勢いるということになります。つまり、ニーズがある以上そこで収益を上げることも可能だということになります。

教育に関連する業務の経営は、いっけん難しそうですが初期投資の金額が低いことから投資の回収率の高さが見込めます。経営をするにあたって、物件の確保や物資の用意ができると、経営自体は回り始めます。物販のように、毎月仕入れる資材なども少なく、必要であっても利用数の予想もつくので、在庫過多というようなリスクもありません。人件費や施設運営費用を確保するのも、利用者が増えることで確保できるので、経営が軌道にのりやすく安定が見込めます。しっかりとしたリサーチは必要になってきますが、専門会社に支援を依頼して経営をフォローしてもらえば、安定した収益を上げることができます。最初は規模の小さな保育園からはじめて、大きな施設に移行しても良いでしょう。